エアコンクリーニングのすすめ
HOME > エアコンクリーニングのすすめ>エアコンの臭いの原因

エアコンの臭いの原因

エアコンの臭いの原因は、何だろう?フィルタ-は、まめに掃除しているんだげど・・。フィルターの汚れもエアコンの臭いの原因の一つではありますが、実はフィルタ-よりも、もっと内部にイヤな臭いの原因はあるのです。その原因とはエアコン室内機の熱交換器やドレンパンに付着したカビや雑菌などの汚れです。どうしてカビや雑菌が発生するのか・・?こちらでは、その原因を解説します。

エアコンの臭いの原因

エアコンの臭いのもと・発生のしくみ

エアコン内部での結露が大きな要因
エアコンの臭いの大きな要因であるカビの発生は、一年のうちエアコンがもっとも活躍する夏場。冷房時、エアコンは室内の暖かい空気を吸って熱交換器(フィン)を通過して冷気に変えるため、熱交換器で冷やされた空気中の水分が結露してドレンパンにたまります。その水分は、エアコンのスイッチを切ったあとも熱交換器やドレンパンに残ることになりますが、ここからカビや雑菌が発生。エアコンの風とともにお部屋に吹き出され、それがイヤな臭いやアレルギーの原因となります。

エアコンの臭いだけじゃない、カビの恐怖も・・

アレルギー症状を悪化させるカビ
エアコン内に発生したカビの影響は、イヤな臭いだけではありません。室内に放出されるカビやほこりの影響で、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を悪化させる恐れもあります。ここまでくると、「生活環境の汚染」といっても過言ではありません。定期的なエアコンクリーニングをおこない、内部のカビなどを除去しないと、確実に「エアコン=汚染源」になってしまうのです。小さなお子様やお年寄りの居るご家庭では、とくに注意が必要です。

根本的な解決が必要

専門的なエアコンクリーニングが正解
近年、市販されているエアコン用洗浄スプレーを使って、エアコンを掃除する方が増えています。しかし、スプレー剤では、消臭作用のある薬剤をふりかけるだけで、根本的な解決にはなりません。 カビは、エアコン内部に付着したホコリなどを食べて成長していきます。このため、エアコンのメンテナンスを怠り放置しておくと、エアコンがカビ繁殖の温床になることもあるのです。イヤな臭いやアレルギーの原因ともなるカビを徹底的に除去するには、専門業者による定期的なエアコンクリーニングが必要になります。

営業時間/平日 9:00〜18:00
TEL:048-878-9810 FAX:048-878-9811
E-MAIL:info@repairtech.co.jp


お問い合わせはこちら

前のページへ

ページ上部へ


お問い合わせはこちら エアコンクリーニングのリペアテック