業務用エアコンクリーニング
HOME> 業務用エアコンクリーニング >エアコンクリーニングのチェックポイント

エアコンクリーニングのチェックポイント

エアコン内部の汚れの原因は、フィルターでは取り除けない微細なホコリ。このホコリがエアコンの熱交換機に付着し、カビを繁殖させイヤな臭いの原因になったり、水漏れやドレンホースづまりなども引き起こします。また、消費電力の増加やさまざまな故障にも関連しており、早めのエアコンクリーニングがエアコンを長持ちさせ節約にもつながります。

こんな症状出ていませんか?

エアコンと体調の異変には要注意
どんなに掃除をしていても、エアコンを導入して1〜2年で、内部にカビやホコリが付着し、さまざまな症状が出ます。
エアコン自体の症状だけでなく、そこで仕事をする方の体調の異変もチェックしてください。以下のチェックポイントに3つ以上あてはまる場合は、早めのエアコンクリーニングをおすすめします。

  • エアコンからイヤな臭いがする
  • エアコンの効きが悪くなった
  • 運転中、水がたれてくる
  • 吹出口に結露する
  • 吹出口からホコリが飛んでくる
  • 運転音がうるさくなった
  • 電気代が高くなった
  • エアコンをつけると咳・鼻水などがとまらない
こんな症状出ていませんか?
こんな症状出ていませんか?

オフィス・店舗の環境は?

汚れの原因は業種ごとに違う
オフィスや店舗では、業種によって汚れの程度が違います。代表的なエアコンの使用環境を、以下にご紹介します。
以下の環境では、エアコン内部の汚れは通常よりも早く進行するため、早めのエアコンクリーニングをおすすめします。

  • 店舗やオフィスなど、人の出入りの多い環境
  • 飲食店の厨房など、油を使用する環境
  • 工場などのホコリが多い環境
  • 研究室など、換気のできない環境
  • 美容室やペットショップなど、毛クズの多い環境
  • 学校や学習塾など、チョーク粉の多い環境
  • 医療施設など、環境衛生面に考慮しなければいけない環境
オフィス・店舗の環境は?
お見積り・お問合せ お問い合わせ 無料お見積りはこちら

前のページへ

ページ上部へ


お問い合わせはこちら エアコンクリーニングのリペアテック