業務用エアコンクリーニング
HOME> 業務用エアコンクリーニング > 天井カセット形4方向

業務用エアコンクリーニング・天井カセット形4方向

吹出口が4方向のタイプです。各社1.5馬力〜6馬力のパネルを統一しパネルサイズの950mm×950mmの正方形タイプが業務用エアコンの中でもっとも多く?70%以上採用されています。パネルサイズが700mm〜760mmのコンパクトサイズの物もあります。そのほか長方形の物もあります。

天井カセット型4方向

試運転・動作確認・周囲の養生

試運転、各機能の動作確認など作業前の点検をします。

エアコンの完全分解クリーニング時に汚れが広がらないよう現場の設備や状況に応じて周囲をしっかり養生します。

パネルを外す

パネルを外す

グリル、フィルター、化粧パネルを外す。

ドレンパンの汚れ

ドレンパンを外す-ドレンパンの汚れ

エアコンは冷房運転時に熱交換器に暖かい空気が触れると空気中の水分が結露しドレンパンに流れ落ちます。この水に熱交換器に付着したカビ、雑菌、汚れが入混じり粘着性のスライムを形成します。

ドレンポンプ

ドレンポンプ

天井カセット型エアコンの冷房時に溜まったドレンパンの水は、ドレンポンプで吸い上げられてドレンパイプを通じて屋外に排水されます。

ドレンポンプのつまり

ドレンポンプのつまり

ドレンポンプがスライムを吸い込むと、ドレンポンプやパイプのつまりの原因となり、エアコンの運転停止や水漏れを起こします。

ドレンポンプの洗浄

ドレンポンプの洗浄

ドレンポンプは、ドレンパンに溜まったドレン水を吸い上げるモーターポンプです。できる限り水以外は吸い込みたくないものです・・・・。

送風ファン

送風ファン(ターボファン)

エアコン内部中心で回転し風を送り出す送風ファンです。

長年の使用によりカビや汚れが付着し異臭の発生などの原因になります。

エアコンの完全分解

エアコンを完全分解する

室内機のドレンパン、送風ファン、ファンモーター、ドレンポンプなどの部品を取外し熱交換器だけにします。

熱交換器の洗浄

エアコン熱交換器の洗浄

熱交換器に付着した汚れはエアコンの設置環境によりさまざまです。特に厨房において油などを絶えず使用するお店などは定期的なメンテナンスを是非お勧めいたします。

熱交換器(フィン)洗浄とは

洗浄後はキレイに高圧水洗

熱交換器(フィン)洗浄とは

外からは見えないエアコン内部の熱交換器は思った以上に汚れています。冷暖房能力が大きくなるにつれて何層にも重なり分厚くなる業務用エアコンの熱交換器(フィン)を洗浄するには、それなりの高圧力が必要になります。

圧力が低いとフィン裏側まで貫通洗浄できずにフィン内部に汚れを押し込めてしまうことになります。これが、クリーニングしたのに異臭がする、風量が落ちた、音がうるさくなったなどの原因になります。それらのトラブルをなくすため 当社の洗浄方法は、 高圧(6.0Mpa)ながらフィンを傷めず洗浄できる独自のエアコン洗浄機を使用し貫通洗浄します。
どんなに厚いフィンも、どんな汚れも徹底的に洗浄します。

洗浄後はキレイに高圧水洗

洗浄後はキレイに高圧水洗

熱交換器(フィン)に付着したカビや汚れを洗浄剤で徹底的に高圧洗浄したあとは、清水でフィンを貫通させて高圧水洗します。そのあと抗菌コート(カビ・バクテリアを抑制)を使用してキレイに仕上げます。

取り外した部品もキレイに

取り外した部品もキレイに

取り外したパネルやファン、ドレンパンなど各部品も専用洗剤を使用して洗浄します。ドレンパンやファンに付着したカビはエアコン用カビ取剤で徹底的に除去。仕上げは抗菌剤を使用してキレイさっぱり!防カビ・抗菌剤の使用は無料です

更に詳しい作業内容はこちら

完全分解洗浄の完了

エアコンクリーニング完全分解洗浄の完了

作業終了後、分解洗浄・点検報告書及び作業写真をお客様に提出いたします。 (無料です)

ガス圧チェック

ガス圧チェック

「エアコンの効きがが悪い」原因には、熱交換器の汚れ・目詰まりの他、冷媒(ガス)など・・・いくつかの要因が考えられます。 当社は、エアコン修理も行なっております。お気軽にご相談ください。その場で対応いたします。

営業時間/平日 9:00〜18:00
TEL:048-878-9810 FAX:048-878-9811
E-MAIL:info@repairtech.co.jp


お問い合わせはこちら

前のページへ

ページ上部へ


お問い合わせはこちら エアコンクリーニングのリペアテック