エアコンの点検・修理
HOME > エアコンの点検・修理

エアコンの点検・修理

冷媒フロン類の確実な回収や処理を目的とし『フロン排出抑制法』フロン排出抑制法施行されフロン類の製造、フロン使用機器の管理から点検・修理・廃棄までのライフサイクル全体を見据えた包括的な対策が規定されました。フロン類の漏えいは、地球温暖化の要因でもあり、また当該機器の消費電力の増大につながります。これは適正なメンテナンスを行うことで防止することが可能であり、フロン類の漏えい防止対策を講じることにより機器の省エネルギーが実現します。今や私達の生活空間を快適に保つため必要不可欠となったエアコン、空調の快適性を維持するためにも定期的なメンテナンスは重要です。リペアテックは、メンテナンスからアフターサービスまで全メーカー、新旧問わず対応!確かな技術でお応えいたします。

冷媒フロン漏えい点検

業務用冷凍空調機器からの冷媒漏えい問題は地球温暖化防止の観点から、国内外でも大きな問題として取り上げられております。第一種特定製品(業務用の空調機器並びに冷蔵機器及び冷凍機器)からの冷媒フロン類の回収等に関するフロン回収・破壊法が大幅に見直され、平成25年6月に改正法『フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(略称:フロン排出抑制法)』と改められましたそれにともない『簡易点検』と『定期点検』のフロン漏えい点検が義務付けられました。

フロンガス充填・回収

オゾン層の破壊や地球温暖化に深刻な影響をもたらすフロン類が大気中にみだりに放出されないよう、『フロン排出抑制法』に基付きフロン類を回収する際に遵守しなければならない「回収に関する基準」に加えフロン類を充填する際に遵守しなければならない「充填に関する基準」が定められました。それにより第一種特定製品(業務用の空調機器並びに冷蔵機器及び冷凍機器)からフロ ン類の充填・回収を行う者は、都道府県知事の登録が必要になりました。

エアコン修理 [業務用・家庭用]

エアコン内部の汚れ・目詰まりがエアコンに与える影響は様々です。エアコン効率の低下や故障に繋がる大きな要因でもあります。クリーニングと名が付くせいか清掃のイメージが強いエアコンクリーニングですが当社では、エアコンクリーニングもエアコン修理の一環として対応しております。実際にエアコン内部の汚れ・目詰まりが原因で起こる故障は多くあります。また、作業中に於いても予期せぬトラブルは発生します。そのエアコントラブルに対応するには、エアコンに関する知識はもとより的確なエアコン修理技術が必要です。

【お問合せ・受付時間 】
お電話での場合:平日9:00〜18:00 TEL:048−878-9810
メールでの場合:365日・24時間 E-MAIL:info@repairtech.co.jp

前のページへ

ページ上部へ


お問い合わせはこちら エアコンクリーニングのリペアテック