エアコンの点検・修理
HOME > エアコンの点検・修理>フロン漏えい点検

フロンガス漏えい点検

業務用冷凍空調機器からの冷媒漏えい問題は地球温暖化防止の観点から、国内外でも大きな問題として取り上げられております。第一種特定製品(業務用の空調機器並びに冷蔵機器及び冷凍機器)からの冷媒フロン類の回収等に関するフロン回収・破壊法が大幅に見直され、平成25年6月に改正法『フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(略称:フロン排出抑制法)』と改められましたそれにともない『簡易点検』と『定期点検』との2種類の点検が義務付けられました。

エアコン工事

第一種特定製品の定期点検

第一種特定製品(業務用のエアコンディショナー及び冷蔵機器並びに冷凍機器)の管理者が,その製品を使用する際は,国の定める「判断の基準」に従い、フロン類の漏えい防止のために、機器の適切な設置、点検、修理などの迅速な実施が求められることになります。機器の点検には、管理者が行う全ての機器を対象とする『簡易定期点検』と一定以上の機器について専門知識を有する者が行う必要のある『定期点検』の2種類があります。

第一種特定製品とは

第一種特定製品とは、業務用のエアコンディショナー(ビル用マルチエアコン、店舗・オフィスエアコン、設備用・工場用エアコンなど)及び冷蔵冷凍機器(冷蔵又は冷凍の機能を有する自動販売機を含む)冷媒としてフロン類が充填されているもの家庭用エアコンは、対象外です。

業務用空調機器

業務用冷凍・冷蔵機器

パッケージエアコン、チラー、ガスヒートポンプエアコン、ターボ冷凍機、スポットエアコン、除湿機など

冷蔵・冷凍ユニット、コンデンシングユニット、冷凍・冷蔵庫、ヒートポンプ給湯機など

管理者とは

原則として当該製品の所有権を有する者(所有者)が管理者となります。ただし、例外として契約書等の書面において保守・修繕の責務を所有者以外が負うこととされている場合はそのものが管理者となります。なお、メンテナンス等の管理業務を委託されている場合は、当該委託を行ったものが管理者になります。

所有者の行う簡易点検

すべての機器の所有者等の「管理者」に対して、使用する全ての業務用冷凍空調機器について日常的に行う「簡易点検」を四半期(3か月)に1回以上管理者自身により行う必要があります。
詳しくは、簡易点検の手引きをご覧ください

機種

点検項目

電動機定格出力

点検頻度

全ての
冷凍・空調機器

機器の異常振動・異常運転音

機器及び機器周辺の油のにじみ

機器の損傷の有無

熱交換器の腐食・錆など

熱交換器の霜付きの有無

点検対象機器全て

3か月に1回以上

有資格者の行う定期点検

定期点検については「充分な知見を有する者」が行うこととなっています。この充分な知見を有する者とは、例えば高圧ガス製造保安責任者や冷凍空調機器技能士の資格を有する者となるため、これらの資格者が社内にいない場合には、専門業者(冷媒フロン取扱技術者)に点検を依頼する事になると思われます。

機種

点検項目

電動機定格出力

点検頻度

エアコン

有資格者等による目視点検
有資格者による間接法又は直接法を組み合わせた漏えい点検

7.5〜50KW未満

3年に1回以上

50KW以上

3年に1回以上

冷凍・冷蔵機器

上記の項目+庫内温度の確認

7.5〜50KW未満

1年に1回以上

点検の記録と保存について

管理者には、該当する機器ごとに、点検の記録と当該機器の廃棄までの管理記録保存が求められます。

◇記録事項

・管理者・点検実施者・修理実施者・第一フロン類充填回収業者の名称・氏名
・点検を行った機器の設置場所及び当該機器を特定するための情報
・フロン類の初期充填量
・点検・故障時に係る修理の日時及び内容・結果
・充填・回収の日時及び充填・回収したフロン類の種類の充填量・回収量など

定期検(3年に1回以上)参考価格(税抜)

機器の種類

数 量

料 金 (税抜)

パッケージエアコン(セパレート型)

1Set(室内機+室外機)

¥1,2000

ビル用マルチ

室外機1台

¥18000

室内機1台

¥3,000

チラー

1台

¥22,000

冷凍機全般

1台

¥36,000

冷凍冷蔵庫

1台

¥20,000

ショーケース

1台

¥20,000

【お問合せ・受付時間 】
お電話での場合:平日9:00〜18:00 TEL:048−878-9810
メールでの場合:365日・24時間 E-MAIL:info@repairtech.co.jp

前のページへ

ページ上部へ


お問い合わせはこちら エアコンクリーニングのリペアテック